消費者金融:利用の際に知っておきたいこと

限度額の増額について

既存カードの増額と別のカードの新規契約はどちらがよい?

カードローンの融資額を見ると最大で500万円もしくは1,000万円との表記があり、あたかも大金を借りることができるような印象がありますが、初めて契約をする場合、このような高額を貸してくれる金融機関はまずありません。

これらの金額は業界用語で「極度額」とよばれ、金融機関が定める各商品の最大の融資額を示しています。実際に借入可能な金額は利用者の収入や信用情報で決まり、それらが利用限度額となります。

利用限度額を増やすためにはカード会社に増額の相談をすることになりますが、その際には再度審査があります。増額について「手持ちのカードの増額よりも他社のカードを新規に契約した方がよい」と書かれているサイトを見ますが、そのようなことは決してありません。
それは何故でしょうか?

限度額と金利の関係

例えば、今プロミスのカードを持っていて利用限度額が50万円だとします。初めてカードを作って利用限度額が50万以下だと適用される金利はプロミスの場合17.8%の方が多いでしょう。

新たにアコムと契約して、アコムの利用限度額が50万円になったとしましょう。このときのアコムの金利は18.0%ぐらいになる方がやはり多いでしょう。つまり2つの消費者ローンを合わせて借入れできる最大の金額が100万円になりましたが、金利は17.8%と18.0%のままです。

一方、アコムでの新規契約をせずにプロミスに限度額の増額をし、めでたく審査に通ったとします。この場合、本人の返済の履歴にもよりますが、プロミスの金利が元々の17.8%よりも低くなる可能性があります。再審査といっても新規契約時とは異なり、身分証明書の提出や職場への在籍確認なども通常ありませんので(職場が変わっていなければ、ですが)、審査の手続きも簡単です。

    上記のアコムプロミスは例で、順番が逆でも同じ事です。
    2つのケースとも限度額は100万円になりましたが、一方は金利が約18%のまま、増額した人は金利が下がる可能性が増えます。つまり、可能であるならカードの種類は増やさずに限度額を増額をしてもらう方がよいのです。
    最近は「初回のみ30日は金利無利息」のサービスを提供するカードローン会社が増えていますので、「限度額を増やしたいのはこれ1回切り!」という方についてのみ、新たに別の消費者ローンの契約をする方がお得なことがあります。
「増額の審査を通るようにはどうしたらよいの?」ということになりますが、方法はたった一つで、返済の遅延をすることなく借入と返済の履歴を作ることです。増額の審査が通りやすいのは「少ない金額を頻繁に借りては返す」よりも「限度額に近い金額を借入れそれをしっかり返す」方が増額の審査が通りやすいと言われています。


⇒ アコムのカードローン公式サイトはこちら






このページの先頭へ